スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
あなたにも書ける恋愛小説
ちょっとだけ時間があったんで、途中で止めればいいやと思って
観始めたら、うっかり全部観てしまった。


icon
icon


久々のラブコメ、それもかなりユルい展開。
小説家がパソコンを借金取りにぶっ壊されて
口述で小説を仕上げようと、速記者をやとうわけ。
で、その速記者とデキちゃうんだが
速記者、小説が気に入らない展開になると、口を出す出す。
オマエさんが静かに速記してれば、もっと早く小説ができたってば!
ありえない展開なのはラブコメの常だけど
これはものすごいありえなさ。月9を超えたんでは?

まあ、彼氏役のルーク・ウィルソン
結構好きだから楽しく観られました。
いつも誰かの彼氏役で、主役はまだまだ張らないんだがね。
あとソフィー・マルソーがさりげなく出ていた。美しい。
ゴールディ・ホーンの娘、ケイト・ハドソンは
頑張って5役くらいこなしていたけど、まあ、まあ、フツーっすね。

あなたにも書ける恋愛小説 DVDはコチラ
icon

カテゴリ:ラブ | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0)
トスカーナの休日
「運命の女」で、ダイアン・レインの美しさにビビッてから、彼女が好きになった。だって老けてないんだもん、めちゃキレイなんだもん!



icon
icon

ってことで以前から楽しみにしていた「トスカーナの休日」を鑑賞。幸せな夫婦だったはずが、突然離婚を言い渡され、旅したイタリアで思いつきで家を買う・・・って結構トンデモない話なんだが、田舎暮らしに憧れてる私には「うらやましぃ〜!」って感じ。イタリアはもちろん、欧米ってみんなで集まってワイワイ食事する機会が多いみたいで、静かに食べる日本人からすると、「楽しそうだなぁ・・・」と思ったりする。毎日はキツイけど。

それとちょっと気になったのが、フェリーニをすごく意識しているらしく
フェリーニに見出されたとかいうオバサマが出てきたり、
ダイアン・レインの恋人はマルチェロ(マストロヤンニをもじった?)だったり
挙句の果てにオバサマが噴水につかって「甘い生活」の真似をするという・・・
中途半端なオマージュみたいなもんが、ちょっとうざかったです。

話の筋は強引だけど、ダイアン・レインのキレイさ&カントリーライフは必見!アンチエイジングに熱が入ります!

トスカーナの休日DVDはコチラ
icon
カテゴリ:ラブ | 01:52 | comments(0) | trackbacks(1)
ハッピーエンド
韓国史上、もっとも印象に残ったセックス・シーン!という触れ込みのサスペンスハッピーエンド
。確かにセックス・シーンは過激だったけど、それよりも意外ときちんとしたストーリーだったことに驚き。バリバリ働く妻と、失業中の夫。家庭内の地位はもち、妻が上。乳飲み子を抱えてドンヨリする夫、哀愁漂いまくってます。で、妻は若い男と浮気してやりまくっている、というどっかで見たような設定。だけど若い男がホンキになってしまい・・・という話。もう、これはチェ・ミンスクに100点!な映画。「甲斐性ナシで浮気された夫の背中」の演技が素晴らしかったです。エロというより、「男の哀愁映画」ですね。うん。
カテゴリ:ラブ | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0)
ナビィの恋
思い描いてた「天国」ってこんな感じだな。青い空、真っ赤に咲き乱れる花、威勢良く生い茂る草木。涼感漂う三線の音色。こんなステキな風景見せられたら、誰だって沖縄行きたくなるよ。そして、そこで繰り広げられる激しいけれど、心温まるおばあの恋物語。運命の人を想いつづけるおばあ、想う人があるのを知ってて寄り添うおじい、言葉に出さなくても、伝わってくる愛情。う〜んもう、100点満点!そもそも、婆さんが恋してサマになるのは、沖縄のばあちゃんが魅力的だからじゃないのか?東京だったらムサいよ絶対。なーんて思いながら、単純なあたしは沖縄行っちゃいましたよ、ええ。石垣島。ほんと天国だった。アタシのなきがらは沖縄の島に埋めてくれ!



♪あなたぁ〜がぁ〜、わたし〜にぃ、惚れたぁ〜のぉは〜・・と「十九の春」を口ずさむわたし・・・。


ナビィの恋
カテゴリ:ラブ | 19:14 | comments(0) | trackbacks(1)
ジョゼと虎と魚たち
理想の顔。それは妻夫木クン。さらにイケメンのくせにお間抜けな役が似合う、レアな存在がスキ。「ウォーターボーイズ」はもちろん、「きょうのできごと」「さよなら、クロ」と小粒でもなかなかの作品に出てるし、ドラマでは主役はるしで、大活躍だなと。たまーーーに「ドラゴンヘッド」のようなハズレ気味の映画があったりして、まだまだ安定稼動はしきらない様子だけど。そしてジョゼと虎と魚たち。切なくて悲しくて痛くて楽しくてリアルな恋愛映画。ラブストーリーにありがちな、甘さを感じさせないところが異色なのかな。とにかく好きな映画です。
カテゴリ:ラブ | 11:50 | comments(0) | trackbacks(2)
プリティピンク
いや〜ラブコメって、ほんとにいいですね。
カテゴリ:ラブ | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |