<< デイ・アフター・トゥモロー | main | ドラムライン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
ハッピーエンド
韓国史上、もっとも印象に残ったセックス・シーン!という触れ込みのサスペンスハッピーエンド
。確かにセックス・シーンは過激だったけど、それよりも意外ときちんとしたストーリーだったことに驚き。バリバリ働く妻と、失業中の夫。家庭内の地位はもち、妻が上。乳飲み子を抱えてドンヨリする夫、哀愁漂いまくってます。で、妻は若い男と浮気してやりまくっている、というどっかで見たような設定。だけど若い男がホンキになってしまい・・・という話。もう、これはチェ・ミンスクに100点!な映画。「甲斐性ナシで浮気された夫の背中」の演技が素晴らしかったです。エロというより、「男の哀愁映画」ですね。うん。
カテゴリ:ラブ | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 12:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovecinema.jugem.cc/trackback/25
トラックバック