<< ワンダフルライフ | main | トゥー・ブラザーズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
ディープ・ブルー
ココロの洗濯をしたくて、自然派映画を観てみた。もっと癒し系と思ってたんだけど、基本的には「野生の王国」風で、自然の美しさ、厳しさをナレーション入りで見せていく形式。よく見たらイギリスのBBC製作だったんで、CSとかでコレ系を観ている人は、「どっかで観たかも?」てなことになるかも。

でも、ベルリンフィルの大音響で迫力タップリ!バーチャル水族館と思えば大満足の一本!


★印象に残ったトコ
・シャチ、やっぱり悪役で登場。アシカの子供をブン投げるシーンはスプラッターホラー並み。
・深海はすごくロマンティック。光の当たらないところでは、自分で発光体を持っている生物がイッパイ。パチンコ屋の電飾みたいなハデハデクラゲにビックリ。
・スイミーばりの魚の群舞。江ノ島水族館の8000匹の比じゃなかった。
・子クジラがシャチに襲われるシーン
・アシカの子供、白熊の子供に胸キュン

・カメオ出演:ウツボ、ウミガメ。もっと出て欲しかった。
カテゴリ:ド迫力 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovecinema.jugem.cc/trackback/50
トラックバック