<< 竜馬の妻とその夫と愛人 | main | 僕の彼女を紹介します >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
パッチギ!
周りの評判があまりに良いので、観にいった。
そして・・・いやー、この映画に出会えてよかった!

井筒監督、すごいです!
これだけ難しいテーマを、後味の悪さもなく
描いているし、かといって忘れてしまうわけでなく
いろいろ考えさせられてしまう。

現実を描くのって、かなり勇気がいること
だと思う。だって本当なら直視したくない
人間同士のぶつかりあいや、やりきれない感情を
ありのまま見せ付けられるから。
そして、自分の中にも多少のわだかまりがあることを
認めてしまうから。

結構ハードなケンカシーン、女性は痛い!と
思うかもだけど、ただ無駄にケンカをしているんでは
なく、その後ろに流れる感情が読み取れるから
きつくない。
きちんとした背景を描かなかったら、ただのケンカ映画に
なってしまう。

こち虎でよく井筒さんが
「話の背景がわからん!」と怒っていた意味が
ようやくわかりました。

せっかくなので、ガキ帝国と岸和田も観てみるぞ〜!

カテゴリ:- | 00:06 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 00:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovecinema.jugem.cc/trackback/72
トラックバック
パッチギ!
 自腹で見なきゃいけないと思いつつ貯まったポイントで観てしまった。「横山ホットブラザーズはこの時期にはもう活躍していたんだなぁ」と妙なところに感心しつつも、見事な青春映画に仕上がったと感じましたよ!  発売中止という措置を取られた「イムジン河」を二人
| ネタバレ映画館 | 2005/02/22 11:03 PM |