<< ミスティック・リバー | main | 化粧師 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
ビッグ・フィッシュ
黄色の花畑が印象的なティム・バートンの「ビッグ・フィッシュ」観ちゃいましたよ、号泣ですよ・・・。近年まれに見る"しゃくりあげ”泣きをぶちかましてきました。中盤までは大男が出てきたり、サーカスが出てきたりとファンタジックなコメディといった感じで楽しくほのぼのと観てましたが、後半、「ホラ吹きオヤジ」と嫌がっていたお父さんの真意がわかったあたり・・・いきなり涙腺ツボをブッ刺してきました。自分にもこういう誤解があったんじゃないか、なんてオーバーラップさせつつ・・・。しかし観た後はすごく幸せな気持ちになれる。こういう映画って最近観てなかったから、すごく心に残りました。

しかし品川プリンスシネマ、カップル客が多いからって急にプレミアム館で上映するのやめてくれ。上映スクリーンまで確認してから行ったのに変わってるし。あと食べものがほとんど売り切れなのに、他店の飲食物持ち込み禁止するのやめてくれ〜!
カテゴリ:感動ドラマ | 11:48 | comments(0) | trackbacks(5)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 11:48 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lovecinema.jugem.cc/trackback/8
トラックバック
ビッグ・フィッシュ
『ビッグ・フィッシュ』観てきました。とてもよかった〜!今年ベスト1の映画かも! 監督は『シザーハンズ』、『ビートルジュース』、『スリーピー・ホロウ』などファンタジーとB級の狭間ギリギリの世界観をお得意とする ティム・バートン。 斬られた首を飛び回さ
| 断食食堂 | 2004/06/02 3:20 PM |
ビッグ・フィッシュ
ティム・バートン監督作品 ティム・バートンが空想を忘れた大人に送るおとぎ話。 もう映像全体が色鮮やか。ファンタジーの世界にいるようだ。 話は、親父に反発する息子であるが、なぜか、観ているものを幸せな気分にしてくれる。 だが、終盤、息子が深い親父の想
| 「月の風」シネマ日記 | 2004/06/12 2:20 AM |
ビッグ・フィッシュ
映画好きの友人が「すっごく良かった!たぶん今年のNo.1!」と言っていた「ビッグ
| ++poco a poco++ | 2004/11/07 11:56 AM |
「ビッグ・フィッシュ」 (BIG FISH)
ユアン・マクレガー主演のファンタジー・ドラマ。 どこまでホントの話か作り話かわからないお父さんの昔話。 笑いあり、涙あり、感動あり・・・ やっと最期の時となって、お父さんの素晴らしさに気づいた息子。 ユアン・マクレガーの一人舞台みたいだね。 これは・・・
| ひらりん的映画ブログ | 2004/11/19 10:22 PM |
深夜の「ビッグフィッシュ」で眠れない
 今頃になって深夜に一人で、DVDの「ビッグフィッシュ」(2003)を観る。これほどズバリの悪夢、あるいはスリリングな夜はない。観始めた時は眠かった。さらに途中で睡眠薬3種5錠(右のプロフィール欄に書いてある)をのんだんだが(非常識でしょう。でものん
| 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 | 2005/10/06 12:34 PM |